化粧品輸入代行サービスを活用して販促活動に集中しよう

婦人

事前にチェックしよう

メイク道具

化粧品輸入をする場合は、化粧品製造販売業許可を得ることが求められます。しかし、許可を取るためには、さまざまな手続きを行なう必要があるのがネックだといえます。しかし、化粧品輸入代行業者を利用することで、許可を得ていない企業でも、化粧品輸入を簡単に行なうことができるといいます。化粧品輸入代行業者に依頼すれば、自社で薬剤師を雇うといった人件費もかからないので、コストの面でもメリットは大きいといえます。また、化粧品輸入代行業者に必要な手続きなどをすべて任せることができるので、自社で面倒な申請業務や、チェックを行なうことも不要です。手間も省けるので、かなり利用価値は高いといえるでしょう。しかし、販売する化粧品の表示には、化粧品輸入代行業者との連名での記載が必要となるので、注意が必要です。もし自社だけの表示にしたい場合は、自社で製造販売業許可を取ることが求められます。その点は、事前に認識をしっかりと持つ必要があるでしょう。また、化粧品輸入代行業者を利用する場合は、スケジュールの面でも認識が必要だといえます。それは、化粧品輸入代行業者に依頼したからといって、すぐに化粧品輸入ができるようになるとはいえないことです。製品の成分分析には、一か月以上はかかりますし、行政書士事務所への輸入許可の申請手続きには二週間程度は見ておきたいところです。ほかにも、通関の手続きや、ラベルの作成・確認、薬事法に関する管理などさまざまな事柄をパスする必要があるので、スケジュールには余裕を持って依頼することが大切になります。